2016年08月11日

徳島・ギャンブル問題を考える:第5回市民公開講座

徳島・ギャンブル問題を考える質疑応答1質疑応答2

28年8月6日公開講座に出席しました。

滝口教授講演の中で、「ギャンブル害最小化政策」をとっている国では 『有病率は低下1%未満』
オーストラリアの害の最小化政策として、従業員の教育、広告規制、飲酒などなど14項目に 渡って説明がなされ、日本のギャンブル産業の現状、例えば世界のギャンブルマシーンの60%が日本。そしてギャンブル施設へのアクセスの良さ、害の最小化政策は無しなどためになる情報満載の講演でありました。

弁護士の犬塚竜也氏は、「借金がゼロになった事例」を話され、ギャンブル以外の借金も簡単にゼロになることへの不全感を覚えました。

吉田精次先生の長年に渡る臨床経験と病院・クリニックを選ぶ基準やギャンブル専門の治療機関の無い県と大学病院がギャンブルの治療に役立っていない現実と医療機関の無い都道府県を図示した調査報告など目新しい情報一杯の内容でした。

最後に質疑応答があり、カジノライターの佐藤氏がカジノ合法化に対する吉田先生の立場を聞き見事に『拒否』回答を得たこと。その後に私がカジノ法の状況と、『カジノ法ができることにより、初めてギャンブルに規制とギャンブル対策に予算が付く可能性など』を補足説明したところ、これまで聞いたことのない猛反対論を展開してくれました。
会の後、吉田先生に鳴門で講演を依頼すると即座に『嫌です。嫌です。』と断られました。
私の質問が悪かったのか、理解されなかったのか、いずれどこかの精神科医の会合で顔を合わす時に改めて講演依頼をお願いするつもりです。

カジノを語ると「治安の悪化と青少年に対する悪影響そして依存症」が必ず出てきます。
毎日の新聞のパチンコ折り込み広告、TVによる競馬・競艇の実況放送、電車の中の賭け事への誘いなどこの現実にメスを入れる千載一遇のチャンスを、マスコミも知識経験者と言われる論者も語ろうとしない現状が、吉田先生の皮肉な猛反対論に繫がったのかと、あれこれ考えられる貴重な公開講座でありました。


 

casinokenkou at 11:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月16日

3月5日、カジノフォーラムを開きます。

カジノ挨拶文
ミニフォーラム・鳴門

カジノ法案が冬眠してしまった感のあるこの時期。
地方のカジノの熟度を高める期間と思いフォーラムを開きます。

鳴門の風光明媚な瀬戸内国立公園にカジノを誘致しようと考えているので、まずは
地元の理解を得なければなりません。
14年来 、折に触れてヨーロッパ型のカジノと健康をコラボレーションした健康カジノを
述べてきましたが、一向に理解が深まりません。
しかし、理解して貰わなければ前に進めませんので フォーラムです。

お暇でしたらお立ち寄りください。 

casinokenkou at 15:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

カジノの落日

フィリピン・カジノ
本日の日経

フィリピンのカジノリゾーツのブルームベリ・リゾーツの株が
去年の3分に1になった。との記事である。

これまで日本のカジノは、数千億規模のカジノばかりが賑わしていたため、
地方のカジノ提案者は、規模の大きさに負けて声を挙げにくかったが、
これからは、小規模のヨーロッパ型にも目が移ってくれれば、幸いである。

民主党時代に、カジノ議連からカジノ啓発のプロモーションビデオを渡され、
「中西君、これを地歩の人に見せて啓蒙してくれ」と言われ、みたところ
マカオのカジノの紹介ビデオと見間違うような中身で、誰にも見せずに置いておいた。

日本のカジノもバブルのようなカジノ景気を抜けたので、やっと地に着いた議論が出来そうで
結果的に良かったと思う今日の記事である。
 

casinokenkou at 14:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月14日

健康寿命の延伸にカジノ健康システムが役立ちます。

健康寿命

健康寿命を延ばす方策は、運動・食事・そして知的趣味。
文武両道ということであるが、「言うは易し行うは難し」である。
しかし、奨励金・報奨金・達成金など褒美を当たえれば人は動く。
それが、金券だともっと動く。
その額がびっくりすると言う前から動く。
カジノ健康システムの活用で、40~80歳まで健康が維持出来たら「1千万円のボーナス」を与える。と言う
例えを与えると、「そんな額は無理だ」と意見を行ってくれるが、システム利用に500円。医療チェックに自己負担。それを行い40年間無病息災だと、生活習慣病・ロコモティブ症候群・認知症にも煩わされずに40年間元気でいてくれると、いくらの経費節約になるだろうか。
糖尿病でその後腎透析になると年間500万以上の医療費がかかる。その上に肥満だとさらに医療費の積み上げ、心臓疾患を併発すると1000万は超える。

現在のスマホ依存で既に首の変形・視野の異常が報告されるようになった。
20歳いや10歳からせめて身体の正常発達だけでも気を付けてあげなければ未来が暗い! 

casinokenkou at 10:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月07日

賭け事・賭博に天皇賞

博打に天皇賞

ギャンブル・カジノの事を話すと、青少年に悪影響・依存症・人生破綻と暗い反対意見が幅を利かせている。
その中で、競馬に『天皇賞』があった。
今まで、気にならなかった天皇賞が賭け事の冠レースに使われている事に、日本の世論・建前・本音の使い分けが垣間見えているようで面白い。 

casinokenkou at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ギャラリー
  • 徳島・ギャンブル問題を考える:第5回市民公開講座
  • 徳島・ギャンブル問題を考える:第5回市民公開講座
  • 徳島・ギャンブル問題を考える:第5回市民公開講座
  • 3月5日、カジノフォーラムを開きます。
  • 3月5日、カジノフォーラムを開きます。
  • カジノの落日
  • 健康寿命の延伸にカジノ健康システムが役立ちます。
  • 賭け事・賭博に天皇賞
  • ユネスコの記憶遺産に!アジア初、ドイツ捕虜による第九演奏
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

casinokenkou@livedoor.com