2011年02月

2011年02月28日

IR BUNKAリゾート・税投入なき観光産業振興の決定打

国際観光産業振興議員連盟がカジノの理解のために配布したDVD。

見てみた。
東京のスポット・日本文化を網羅してシンガポールにできたカジノを見本として、日本にカジノを造ろうという啓蒙ビデオである。
見て思うことは、シンガポールのカジノ戦略は読みとれたが、議員連盟が考えている10か所のカジノ予定地にすべてこのようなバブリーなカジノが出来るはずが無い。と言うことと、収益の大部分は投資会社に取られてしまう。という不全感。
投資会社が、5千億を日本の10か所すべてに投資するはずは無く、残りの大部分のカジノモデルにはなりえないと言う感想。
日本の地方の活性化モデルではなく、マカオ・シンガポールに対抗して、まずどこかに造ろう。と言う思惑が感じられた。それも東京にである。
橋下知事も気炎を上げているが、大阪が一つにまとまるかが問題だろう。また、5千億の投資を回収する企業の戦略・中国人観光客が予定通り来なかったら、日本の生活保護者を安く動員して賄うのか。それともパチンコ屋のようなカジノに転向するのか疑問である。

私的には、帝国ホテル・六本木ヒルズのような手軽に行けるところに造ってくれればリスクも無いし日本的なカジノになると思っている。
今回のビデオは、ゼネコンとアメリカ資本の儲け話のプロモーションビデオみたいである。
日本の議員さんも舐められたものだと思う。
よしんばお台場に出来てもアクセスが不便だ。
気軽に行けない。
新橋から30分掛けて行く間に興奮も醒めてしまう。

せっかくのビデオであるが浮き浮きしない。




casinokenkou at 16:29|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

藤島博文画伯宅訪問

26日の夜は、有楽町ガード下で痛飲。
翌日はプラセンタ効果で二日酔い無し。
つくばエクスプレスでみどりの下車。
御子息の迎えでお宅訪問。

今回は、鶴とたわむれる画伯。
製作中の画伯の映像を収めた。
そのうち映像をユーチュウブにアップ。

日本画で世界の平和をもたらそうとする画伯の戦略。
「環境芸術」として『美伝子』が心身の健康に寄与する。という戦略。
2010年12月。
画伯は、14回日本統合医療学会にて「芸術と医療」というテーマ講演された。その司会者が私。
このレジメが出来上がりその紹介文を書くことを頼まれ、4月下旬から5月にかけて、日本橋・高島屋での個展で配られるとのこと。
楽しみである。

この日も、文化・芸術・カジノ・健康と幅広いテーマで6時間話をした。

画伯と私鶴

casinokenkou at 16:09|PermalinkComments(65)TrackBack(0)

2011年02月26日

スイス、バート・ガラツの公園計画・カジノが・・。

日本で公園を作ると全国似たような公園で面白くない。

学会の合間ヨーロッパの公園を歩くとほのぼのとした光景が目に入ってくる。小川では魚の姿が見え、その水際でリスが遊んでいる。
思わず見とれほのぼの感に包まれる。

日本ではお役人がマニュアルを見て予算の執行となるためか画一的になってしまうのであろう。

スイスの公園計画。
公園の中にカジノがあり温浴施設がある。
16番がカジノである。
国民性のためか未だカジノの議論をしている。

スイスカジノドイツ公園

casinokenkou at 11:13|PermalinkComments(11)TrackBack(0)

今日は飲み会・有楽町のガード下。

久しぶりの飲み会。
6時ごろより11時ごろまでだらだら飲んでいる。
政治・経済・文化にカジノと取りとめもない話題が展開していく。
そして、この国を嘆きやることをやらにゃいかんと馬力をかけて終わる。

日曜日は、藤島博文画伯宅訪問。
鶴と画伯の生活のビデオ撮り。
来年のドイツ公演旅行の宣伝ビデオでもある。
来年は、ドイツとスイスのスパを訪問。
カジノに色を付ける予定である。

11時まで飲んでいても翌日はすっきり起きられる。
これは、アレルギー性鼻炎の軽減にプラセンタを使用して以来二日酔いから解放されたのであった。
スイスの若返り研究所のスパのように日本のカジノでも取り入れてみたい。世界のセレブが集まる鳴門のスパ健康保養カジノを目指したい。

casinokenkou at 09:29|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2011年02月25日

6月にはカジノ法案を上程するらしい。

23日のスーパーモーニングの中で古賀一成代議士が、24日の超党派のカジノ議連で小沢鋭仁代議士が6月頃に法案を上程するとの発言が見られた。という事を知人から言われた。

さすがに「この逼塞する日本を何とかしよう」と言う機運が生まれたらしい。
秋の臨時国会で通過さすようである。
超党派の議連だから政権が変わっても何とかなりそうである。

今回は本物であって欲しい。



casinokenkou at 11:26|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2月23日の朝日のスパーモーニングの中で・・。

23日朝のスーパーモーニングでカジノのことが取り上げられた。
仕事で見逃したが、2007年の沖縄カジノサミットで配布したパンフレットのイラストが放映されたようだ。
東京の知人から、『君のとこのカジノイメージ図が放送されていたよ』と知らせてくれた。
22日の夜電話インタビューがあり、「日本のカジノは、日本文化を前面に出して、この地域を訪れる人が100%日本を堪能できるようでありたい。そのために徳島では、写楽の時代・江戸文化をサムライ文化をイメージにした街づくり。カジノの収益金還元で徳島城を復元して、街のシンボルにしたい」と答えておいたが、どの程度放映されたか解らない。

2008年には、第5回全国カジノサミットでさらに詳しく発表した。
そのイラスト図である。

徳島城


casinokenkou at 09:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年02月24日

糖尿病にかかったら生涯コストは2000万。

米国人が30歳で2型糖尿病にかかると305万ドル。
40歳で23万ドル。50歳で17万ドル。60歳で10万ドル。と言う推計結果を米疾病対策センターが発表した。

肥満対策講じたら「日本、年間死者15.5万人減」
経済協力開発機構の報告書。

平素、運動と食事を注意するために健康保養施設が身の回りに必要。
このために、カジノ・ボーナスポイントでモチベーションを高め、結果として健康になれば、諸費用が減ると思っています。糖尿病・2千万肥満対策

casinokenkou at 16:16|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

日本崩壊の序曲

アフリカの騒動に端を発し原油の値上がりで1月の国際収支がマイナスになった。
リーマンショックでも一時不安定収支が見られたが、今回の騒動は激震の前触れかもしれない。
北朝鮮の崩壊、中国の内乱と混乱の第2楽章がパンフレットに見える。

このような時期、我が政府は大混乱の真っ最中。
第2楽章は、総辞職か解散。

さてカジノである。
今日の5時から超党派議連の勉強会。
毎週開催とのこと。
年金・社会保障費などの手当て。高速無料化の綻びなどいよいよお尻に火が付いたのかもしれない。
当初2か所の開業で、その後経過を見て数を増やす。と言う計画では、最短距離で3年後の開業。その後の経過を見て次に増える3か所目は5年後。

この頃には、国際的に第3楽章の真っ最中でカジノどころではないかもしれない。
今年中にどこかにカジノが出来るぐらいのスピードでないとと思うのだが、溜息が出る。





casinokenkou at 10:10|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年02月23日

春なのに・・・。

「沈黙の春・レイチェル・カーソン」
春なのに虫が飛ばなくなった。
鳥の啼き声が聞かれなくなった。

40年前に父から「こんな本があるぞ」と薦めてくれた本。
この頃の田舎は、虫や魚にスズメの声に満ち溢れていた。
それから10数年がたち、田舎の風景は一変する。
畔道はコンクリートになり、小川の底もコンクリートになりすっきりと何も無くなってしまった。
日本全国から「春の小川」の消滅であった。
底の泥に住むドジョウや貝の虐殺の始まりであった。
このことは、小川の水生植物の消滅でもあった。

そして、今日この頃。
田舎で梨の交配が手作業。
実をつけさすためにミツバチの購入。
スズメの姿を見かけなくなり、海には貝がいない。

嘆いても仕方ないので何らかの方策をと考え付いたのが、カジノ健康保養システムである。
人間の欲望を満足しつつそのおこぼれを健康湧出環界に活用しよう。という試みである。
こんな事は、行政・政治家に任せれば良いと思うであろうが、こんな事を考えてくれる人はいないしいても政策にはならない。

私のカジノ周辺は、緑あふれる隠れ里のような環界で時を過ごすことが可能となり、この体験の広がりが日本の故里の再建につながるであろうと思うロマンのカジノである。

どうなるか楽しみである。

casinokenkou at 09:50|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年02月22日

ショー・コスギ氏の秘宝

空海が開いたと言う四国霊場。

大杉博氏が「古代ユダヤと日本建国の秘密」の中で面白く語られている。
この他に何人もの人が剣山のソロモンの秘宝を求めて山に入っている。

コスギ氏が表に出ている資料をどのように料理するのか楽しみである。ショー・コスギ (2)空海・秘宝


casinokenkou at 15:51|PermalinkComments(39)TrackBack(0)
ギャラリー
  • 鳴門のIRが載りました。
  • 鳴門のIRが載りました。
  • 鳴門のIRが載りました。
  • 鳴門IRの楽しみ
  • 鳴門カッシノ健康保養リゾートのイメージです。
  • 鳴門カッシノ健康保養リゾートのイメージです。
  • 四国八十八寺の本尊のカレンダーです。
  • 徳島・ギャンブル問題を考える:第5回市民公開講座
  • 徳島・ギャンブル問題を考える:第5回市民公開講座
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

casinokenkou@livedoor.com