2012年08月

2012年08月30日

政治家に見る賭け事

今回、谷垣総裁は最後の賭けに自党の問責決議案を棚上げしても問責を勝ち取ると言う目的のために3党との信義を捨て、付和雷同的に7野党案を選んだ。
これで、与党を解散に追い込めるものと『サイコロを投げた』その目は・・・。
与党は、問責決議に賛成した自民に、3党合意との矛盾を指摘し『近い内解散』を反故にしようとしている。
ボタンの掛け違い。サイの投げ時の悪さ。などなどあれこれ言えるであろうが、この賭けは自民の負け。秋に臨時国会が開かれない限り選挙は遠のき谷垣総裁の継続は露と消える。

ここで一命を取りとめた野田総理。
それでもいずれ解散の運命が待っている。

決められない政治を続けた鳩・管の後始末を淡々とかたずけてきた野田総理。
3年間民主の支持率が下がり続けたのに、自民の支持を上げられなかった自民執行部。
駄目駄目同士が、覇権のために知恵比べをしたようだが、間隙を縫って現れた維新の党。
この党首は、天才的ひらめきの中で次々と施策をぶち上げあれよあれよのうちに今太閤の様相。
すると、ここぞとばかりに勝ち馬に乗るごとく雑魚が群がり、それを見て雑魚では嫌や鯛が欲しいと一本釣りに賭けるありさま。

政治家はこんなにも賭けごとが好きなのにカジノは嫌や。と自己矛盾。

こんなありさまだから中国も韓国もはては北朝鮮までもがパワーゲームに乗り出した。
やっぱり民主では駄目、自民ならちょっとまし。維新は未知数。
国民は、相変わらずの平和ボケ。
気が付けば、尖閣含めて全部だめ。
原発燃料処理棒再活用の新型爆弾。
なんてことに生らないのを祈るのみ。

どたばた3文役者の政治劇。
当面続く政治劇。

やだ。やだ。と駄々っ子こねる子供にも似た心境の今日です。

casinokenkou at 09:52|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2012年08月29日

元大阪知事・太田房江氏の銅像も建つかも・・・。

大阪の執念

2002年、元大阪知事の太田氏がかんくうタウンを特区構想でカジノ提案をしたのが始まりであった。
その後、石原都知事のお台場カジノ構想、全国カジノ誘致協議会とカジノ実現に向けて活動が始まった。

28日の朝日の夕刊の記事である。
『橋下路線、松井氏が継ぐ。カジノ大阪の執念』
世界各国でカジノが開業している中で、日本は孤高にカジノを拒絶している国である。
依存症・地域風俗への悪影響などお決まりの反対意見にいつも頓挫しているが、裏ではパチンコ業界の暗躍がカジノ解禁を遅らし業界の利権の確保を坦々と仕込んでいるものと思われるが、ここは、橋下市長と松井知事の執念で是非突破してもらいたいものである。

一般に議員先生や行政のトップにカジノを話しかけると『依存症・風紀・暴力団』に対する不安・反対から、真面目に取り合ってくれない。
カジノ議連の会合でも10年も同じ疑問を呈する議員がいて、8月23日の部会会議に欠席をして会を流してしまった。同じ疑念が出るのだから、カジノ議連で疑問・質問回答集でも用意すればと思っているのにやらない。
建て前論に終始して進まない。
この体質は、国土領土問題・慰安婦問題に山積され積年の膿を出し始めている。

しかし、領土問題のお陰で、日本のカジノ客が安定する見込みに危険信号がともった。
巨大投資をして閑古鳥では情けないので、こじんまりと世界に無いカジノタイプを打ち出しじわじわと広げていけば良いと思われる。

手前みそだが、「健康カジノ」で介護費・医療費の削減が得られるモデルを作れば、これから老人大国にならんとする中国に打って出ることが考えられる。
10年も語っているがまだ脚光を浴びない。

casinokenkou at 10:47|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2012年08月27日

今年も流れるカジノ法案

思い返せば10年前
野田聖子議員が、「次期国会に法案を出します」と言われ、信じ活動して来、10年。
オオカミ少年のように毎年「今年は法案を」と言われ期待もしたが、兎に角疲れる。

民主党が天下を取って3年。
アメリカ大統領に「トラスト ミー」と言って袖にして、次期は出馬しないと言って出馬宣言。
次は、原発事故で未曾有の被害を出して今だ収まらず。
今は、卒なく淡々と民主の終焉を演ずる総理。
合わせて自民の党首も終焉の様相。

まるで江戸末期の開国状況と瓜二つ。
決められない大目付に家老集団。
最後は下級武士の大活躍。
まるで今そっくり。

小泉選挙で、だあ~とチュルドレン。
鳩選挙で、だあ~とチュルドレン。
次回の選挙もだあ~と風が吹き、やがて寂しき冬景色。

経済活性化とは名ばかりの経済関係者のご意見番。
国土防衛の声を上げても進出企業の多さに目を丸くやがて消えゆく防衛意識。

ここは、心の活性化のために将来大展望を語る出でよ政治家頼みます。
など神頼みが一番確かとは情けないが仕方のない虚無感が漂う今日です。

次期政党の皆さま。
カジノ法案をお忘れなく宜しくお願いお頼み申し上げます。

casinokenkou at 10:09|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2012年08月24日

8月23日、総会風景


8月23日総会2元ラスベガス市長
8月23日総会

元ラスベガスジャン・ジョーンズ市長。
在職10年間に、ホテルのベット数が4400ベットから10万ベットになり、この間厳しい法律を合法化したことや、
犯罪は、カジノが無い街に比べて変わらないこと。依存症は長期的には安定または減少することを示唆。など10年間の経験と実績を述べられた。
美人で能弁な語り口に政治家の成熟した姿を垣間見せて頂いた。

多謝!

casinokenkou at 16:29|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

23日の部門会議、「辻元清美議員欠席で何も決まらず・・・」

国際観光産業振興議員連盟総会

民主党最後の晴れの舞台と思って出かけたが、出席議員自民・民主合わせて5名程度でありました。
元ラスベガス市長の話は面白く参考になった。

会場で、顔見知りの議員秘書がいたので、民主党の部門会議がどうなっているのかを聞くと、当日5時半から開催となり、ひょっとしたらまとまるかもしてない。と期待をしていた。

今日、3部門の結果を調べると「辻元清美部門代表が欠席したので何も決まらず」とのことであった。
最後は前原議員の鶴の一声を宝くじのように期待するしかない。
外れると、解散となり新たな政党との協議になるが、自民・維新・民主の一部との話し合いになるだろうから、民主主導のカジノ法案の舵取りより数段スピードアップになるだろうと思われる。

喜んで良いのか、残念と落胆するのか、と考えるとだらだら引き延ばされるよりは良かったのではと安堵感が沸いてくるのが不思議だ。

casinokenkou at 09:47|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2012年08月22日

観光立国・日本の危機

NHK21日の『追跡!真相ファイル』
格安日本ツアーに異変 落胆する中国人観光客 観光立国・日本の危機

昨日の番組である。
骨子は、潜りの中国人か韓国人の観光ガイドが、格安ツアー会社と免税店からキックバックをもらうために有料のオプショナルツアーと法外な値段のサプリメントを、ツアー客に売りつける仕組みである。
例えば、健康食品の効能に『肝臓病が治る。知能指数が向上する』などチラシに書き込み5千円程度の商品を3万5千円で提携免税店で売りつける。
銀座見学コースを2万円で売りつける。
オプショナルコースを選ばなかった客は、人の来ない公園で待機さす。

放送スタッフが、免税店の関係者とのインタビューや観光庁のお役人とのインタビューが載っていたが、免税店曰く、「日本は資本主義国だから値段は付け放題」
お役人曰く、「全貌がはっきりしないから観光ガイドに関しては取り締まり対策が無い」
(観光ガイドは資格試験をパスしなければ営業は出来ない)
お隣の韓国でも潜りのガイドがぼろもうけし、観光客に迷惑を掛けているので取り締まっている。との事も放送された。

格安で(中国人の中流の1カ月分で約5万円の旅費。この中に運賃・ホテル・食事代が含まれる)
ホテル代・食事代はガイドが支払っているため、経費を稼ぐためにピンはねをやる仕組みである。
時には1階のツアーで100万円ぐらい稼ぐこともあるそうである。

中国人が、無資格中国人ガイドにだまされ、中国本土で『絶対日本に行きたくない』『インチキ薬』として書き込みをしているのであるが、格安旅国客は仕組みを知らないから日本の悪口を書き込むのである。

カジノが出来れば、格安カジノプランを作り、カジノ場の周辺に法外な値段の免税店が出来るとなると治安は悪くなるような気がするが、こんな不安を払拭するためにも、観光庁のお役人にしっかりしてもらわねば、カジノその物が出来ない。

韓国で取り締まりが出来るのに、日本で出来ない現実は、後進国と言われても反論が出来ないのが残念である。

casinokenkou at 11:25|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2012年08月21日

23日の超党派のカジノ議連総会

4時からの多目的ホールにおける勉強会である。
巷の期待的観測で、この日5時30分より民主党のカジノ部会の会があるように聞こえて来たが、民主党のある議員秘書に尋ねると「25日までにはそのような動きは無い」と否定された。
どうやら、この23日の会が、民主・自民を含む最後の総会になるかもしれないと思われる。

いつ解散になるかわからないが、『近い内』となれば、9月中だろうと思われるが、来年の任期までが「近い内」と公言する民主のえらいさんもいることだしさっぱりわからん。

しかし、民主党政権が、マニフェストであれこれやってくれそうで、出来たらもうけもの。やらしてみよう。駄目だったら換えればいいわ。と政権を取ったとたん、「トラスト ミー」とアメリカ大統領を袖にするは、腹案なき腹案を出すわ、議員を辞めると言って辞めないわ。次に原発事故の対応に振り回され未だに使用済み核燃料の保管が定まらず。そして竹島・尖閣列島の対処に右往左往で駄目の3重奏であった。

お陰で、カジノ法案は丸3年放置状態。
自民党は法案提出で準備しているが、民主党はリーダ不在のダッチロードの進め方。
結局、3年放置で退場となるのか。

23日の会が、ただの勉強会でカジノ議連の面々も参加薄であれば、政権交代までお預け。となるのだろうか。

原発処理能力、領土処理能力、経済活性化能力とことごとく3流国家の成れの果ての影響がカジノ法案まで来てしまった。
この10年の間に、カジノ実現途中で逝った室伏哲郎先生だとどう言っただろうか。
『中西君、結局この国の敗戦時と同じ程度の政治家しか養えなかったこの国の敗戦処理能力、すなわちアメリカの統治能力に勝てなかった。この一言に尽きる。だから何も決められない。まだ戦後真最中と言った状況だ』と、地団太踏んだ顔で語りかける憂国の志士が脳裏に浮かんだ。

しかし、選挙後は、自民と維新の会の面々でカジノ法案は粛々と進んでいくだろう。
23日の会の状況で真剣度が解るというものであるが、最後の意地としてでも民主の先生方には頑張ってもらいたいものである。

casinokenkou at 10:49|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年08月11日

23日5時30分より民主党カジノ部会開催予定

23日の超党派のカジノ議連総会後カジノ部会が開かれるかもと言うビッグニュース。

いよいよが始まる・・・・。

casinokenkou at 11:47|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

秋の臨時国会で解散

今国会での解散では民主・自民とも用意が出来ていない。
そこで密談。
今国会で関連法案やその他をどさくさで通過させ、任期満了まで審議。
自民、民主の総裁選で互いに再選し即臨時国会冒頭解散。

願わくば23日のカジノ議連総会のあとどさくさにまぎれて法案が通過ということもありかな。
淡い期待でお盆に突入。

皆さま、お盆中英気を養ってまたお会いいたしましょう。


casinokenkou at 10:22|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2012年08月09日

国際観光産業振興議員連盟(IR議連)総会

8月23日、16時から
衆議院第1議員会館 1階 多目的会議室
演者:コミュニティーから見たIRについて
   ジャン・ジョーンズ氏(元ラスベガス市長 現シーザース・エンターテイメント社上級副社長

このような会の開催を告知するということは、この日までは解散も無いと言う証しで、『近いうち解散』の
期日には含まれていないらしい。
希望的には、この日、議員連盟が議員立法で「カジノ法」を現国会に提出してくれればと願うのみである。

解散となれば、何人がこの議員連盟に残れるのか不安である。
解散後、また1からやり直しとなれば、近い将来、カジノ法が上程されることは無いだろうと思われる。
しかし、維新の党と自民党でカジノ法案をてきぱきとさばいてくれれば、災い転じて福となるようでまるで賭けだ。

casinokenkou at 17:50|PermalinkComments(10)TrackBack(0)
ギャラリー
  • 鳴門のIRが載りました。
  • 鳴門のIRが載りました。
  • 鳴門のIRが載りました。
  • 鳴門IRの楽しみ
  • 鳴門カッシノ健康保養リゾートのイメージです。
  • 鳴門カッシノ健康保養リゾートのイメージです。
  • 四国八十八寺の本尊のカレンダーです。
  • 徳島・ギャンブル問題を考える:第5回市民公開講座
  • 徳島・ギャンブル問題を考える:第5回市民公開講座
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

casinokenkou@livedoor.com