2015年04月14日

カジノモデルの誤り・・。

カジノ幻想

カジノ議連がカジノを思いついたのは、10数年前。
モデルは、「ラスベガス型」その内に『マカオ』へと移り今は「シンガポール」型へと移行した。
10数年前、日本カジノ創設サミットの壇上から「日本で一番小さいカジノは徳島で造らせてください。モデルは
バーデン・バーデンです」と訴えた。
地元でカジノの話をすると「パチンコ屋の手先」「暴力団の手先」「するならバ~ンと大きなものを」と言われ、バーデン・バーデンの話は聞いてくれなかった。

それから10年、今よ、今よと言われ続けて未だ法案の提出もままならず、今回は必ずと宝くじのような心境。
もたもたしているうちに、金ずる中国富裕層のようなお役人とその一派に規制がかかり、マカオの収益にも急ブレーキ。さらにぐずぐずしているうちに、フィリピンや韓国でもビッグカジノがぞくぞく建設。
出遅れた日本のモデルは相変わらず「IR 」。
東京・大阪ならやっていけるだろうが、その他の地方はどうだろう。

当初地方の活性化の切り札。とかなんとか言って、「全国カジノ誘致協議会」なるものを作らせて、どの地方に「IR」が似合うというんだ・・・・。
さらに、当初2・3か所東京・大阪、沖縄の知事交替が無かったら沖縄、しかもオリンピックに間に合わせその経営を見てから次を決め」る。などの方針が漏れてくる。
それでは、地方の活性化の切り札は、これから10年先の事。

そんなご時世の中「カジノ幻想」全くその通りだ。
シンガポールのリー大統領のように計画即実行がこの国にはない。
沖縄の基地問題もかれこれ20年。

カジノが具体的になるころは、室伏哲郎氏とあの世で酒でも飲んでるかもしれないと思う今日この頃である。 

casinokenkou at 10:03│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • IR運営連携大商が要望
  • 久しぶり!
  • 久しぶり!
  • 鳴門のIRが載りました。
  • 鳴門のIRが載りました。
  • 鳴門のIRが載りました。
  • 鳴門IRの楽しみ
  • 鳴門カッシノ健康保養リゾートのイメージです。
  • 鳴門カッシノ健康保養リゾートのイメージです。
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

casinokenkou@livedoor.com